初心者におすすめのオペラ ラ・ボエームの話

初めてオペラを見るなら

一般的に初心者向けのオペラとして挙げられるのが
オペラ ABCと呼ばれている

★ Aida アイーダ

★ Boheme ボエーム

★ Carmen カルメン

の三作品ですが、私は私個人的におすすめのオペラは
ABCじゃなくてTABです♪

★ T トゥーランドット

★ A 愛の妙薬

★ B ボエーム

です。

ABCも悪くないんだけどね。
単純に私の好きな作品がこのトゥーランドット、愛の妙薬、ボエームなんです。

こうした作品を見て、
20歳の私はどんどんオペラの虜になったのです。

今日はその中のボエームの話をする

今日は歌のレッスンがありまして

ちょうど、今ボエームの歌を歌っていまして
自分の声にはボエームのミミが合っていると言われているので
思い入れの強い作品です。

ミュージカル レントはこのオペラをモチーフにしていると言われています。

ボエームのざっくりストーリー

クリスマス・イブの夜。
パリに住む4人の芸術家。詩人のロドルフォ、画家のマルチェッロ
音楽家のショナール、哲学者のコッリーネの住む家から物語が始まります。

貧乏で寒さに震える彼らですが、
クリスマス・イブ街に繰り出すことにします。

詩人のロドルフォは書き上げたいものがあるからと
部屋に残ります。

そこへお針子のミミがろうそくの火をもらいに部屋を訪ねてきます。

そこで二人は恋に落ちるのでした。

ミミを連れてクリスマスイブで賑わう街に出かけます。

そこで、ロドルフォの仲間たちと合流し、楽しい時間を過ごします。

そこへマルチェッロの元カノであるムゼッタが登場。

マルチェッロにやきもちを焼かせようと仕掛けてきます。

結局この二人も寄りをもどして華やかに二幕が幕を閉じます。

それから、数か月たった冬のある日

ミミはマルチェッロを呼び出して、
ロドルフォとの関係がうまくいっていないことを相談する。

そこにロドルフォがやってきたので
ミミは物陰からマルチェッロとロドルフォの話を聞きます。

ロドルフォはミミが重病で有ることに気づいていて
自分の財力ではミミを治してやることができないから
わざとミミに嫌われようとしていたのです。

それを聞いてしまったミミ、
そして聞かれてしまった事をしったロドルフォ。

ミミは恨みっこなしでお別れしましょうと
ロドルフォに別れを告げます。

貧困と病を背景に二人は別れを選んだのでした。

さらに数か月、ロドルフォの家にムゼッタが飛び込んできます。

そこにはロドルフォのそばで最期を迎えたいというミミがやってきます。

瀕死のミミは最後にロドルフォに愛を告げて息を引き取るのでした。

というお話。

 

ボエームのみどころ

宮廷とか、貴族とかではなく
貧乏人が主人公ってところが何となく親しみがわいてしまうポイントかもしれない。

出会いって、恋に落ちて、病気になって、
愛し合っているけどお互いを思うあまり別れて、
最後は愛する人の腕の中で死んじゃうっていう。

身近に起きそうなエピソードじゃないですか。
(死なないかもしれないけど・・)

こんな映画ありそうでしょ。

そのわかりやすさが、おすすめする一番の理由です。

とってもシンプルなストーリーながら
やっぱり、涙なくしてみれないのがボエームです。

ミミという人物は一見か弱く描かれていますが、

解釈によってはとてもしたたかな女性だと解釈もできるんですね。

冒頭。ロドルフォの部屋でカギを落として
それがきっかけで二人の距離が近づくですが、

それが“故意”か、“偶然”かは演出によって表現がわかれます。

ロドルフォに近づくためにわざとカギをなくしたふりをして

ロドルフォに近づいたという解釈もあります。

私的にはすべて偶然が重なったと思いたいところなんですが・・・。

お針子という職業ですが、
縫物などをして生計を立てていると曲の中では歌われています。

ロドルフォと別れる際にも
お針子に戻りますと言っているが、
実際は、金持ちの男性の愛人として生活していたのです。

いろいろと謎の多い女性です。

かまととぶっている女性だと言われることが多いミミです。

こんな裏のありそうな女性でも

ロドルフォとの純愛には涙が止まらなくなるのです。

 

ボエームを聞いてみよう

独断と偏見で選んだぜ。

ろうそくの火が消えた暗闇の中でロドルフォがミミに自己紹介するシーン
ロドルフォの必死さ(笑)が伝わる名曲。

 

ミミがロドルフォから自己紹介を迫られて歌い始める
かまとと最高潮の一曲。

 

なんだかんだ、ムゼッタの方が信頼できる女友達になりそう説。
ムゼッタが自分の美しさをまっすぐに歌う曲。

おまけ。ミミの別れのシーンのアリア。レッスン中。

フルで見るならこちら!

朝を学びではじめよう♪

火曜日~土曜日までさ朝8:30~YouTubeでライブ配信しています。
デザイン会社として起業15年の経験を活かして、ビジネスや起業に最低限必要なIT・デザイン・マーケティングの話題を中心に役立つ情報を火曜日~土曜日まで8:30~ライブ配信でお話をしています。気軽に聞けて、役に立つそんな朝のライブ配信を是非チェックしてください!



お仕事のご依頼もお受けしております♪

● デザインのご依頼
● 出張デザイン研修、IT活用サポート
● 各種イベント企画・プロデュース
● イベント集客セミナー
● コンサートの印刷物制作 などなど

お気軽にお問い合わせください♪

内田奈津子の会社


内田奈津子が代表を務める会社です♪

株式会社ライズサーチ http://www.risesearch.co.jp/
演奏会のチラシ屋さん http://dtp.studio-estate.com/

演奏会のチラシのことなら演奏会のチラシ屋さんにお任せ下さい。


演奏会のチラシ屋さんのチラシの秘密はこちら♪

関連記事

1件のコメント

  1. It is just like accumulating artwork, some are uncommon and others are basic,
    in spite of them being outdated and out of date few people are able
    to pay a excessive price to buy them. Sometimes a person can even get the deal past their expectation. An Accident occurs and it
    will get badly damaged past repairs. It is not a bad deal as you’re
    saved from the problem of in search of the correct sort of buyer and making
    an attempt to click on a deal. An obsolete automobile,
    which of no use any longer. All males are obsessed with automobiles, little
    question it is a very expensive ardour. There are a number of firms
    which can be providing providers of cash for Car Removals.
    Particularly for the damaged automobiles, one will not be searching
    for a lot Cash for Cars, as you wouldn’t count on anyone to purchase rotten rubbish.
    The automobile is large at upkeep relatively than being useful.
    Want of money, generally, makes you promote a car that isn’t
    being used.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。