韓国のカルボ プルダック 炒め麺の美味しいつくり方

韓国で発売されているプルダックポックンミョンをご存知でしょうか?
このわたし流の作り方を紹介します。

韓国でも激辛とされている人気炒めラーメンです。

まぁ・・辛いこと。

色々な種類があるのですが、私が感じるにはこのカルボ プルダック 炒め麺が一番辛くないと思いますし、
美味しさを堪能できると思っています。

パッケージもラブリーで可愛いでしょ♪
一番はじめに食べるならカルボ プルダック炒め麺がおすすめです。

成分はこんな感じ。よくわからないけど、

辛さをつくる成分が豊富そうです。

つくり方

さて、作り方です。日本で販売されているプルダック炒め麺は日本語の作り方もありますが、
お土産でもらうと韓国旅行のお土産でもらうと途方にくれます。

お湯を沸かす

鍋でもフライパンでも大丈夫です。
湯を沸かします。
湯の量はパッケージに書かれていますが、
正直適当で大丈夫です。

後でお湯捨てちゃうから。

適当に湯を沸かします。

野菜を切る

冷蔵庫に残っていた野菜を切りました。

辛いので、最終的に野菜の味はあまりしません。

でも、食感とか栄養素とかのことを考えたら入れるのがおすすめです。

麺と野菜をゆでる

麺はシリーズの中でも一番太麺。もちもち。
この麺もシリーズの中で一番好き。

ゆでる。

茹で時間はパッケージにありますが、硬めが好きなので
麺がほぐれて、しばらくしたらお湯を捨てます。

 

お湯を切るの忘れないように。

パッケージには少し湯を残すと書いてあります。
少しお湯が残っているとこのあとソースを入れてから炒めやすくなります。

ソースで混ぜる

私は辛い食べ物が好きですが、
でも美味しく食べれる方が良いのでチーズを入れます。

チーズが冷凍庫にいつも冷凍されているので

この時点で凍ったままのチーズをぶち込みます。
ソースも入れて
全てを混ぜ混ぜします。

最後に、こちらの袋をいれます。

ソースは他のシリーズと
共通?なのだろうと思われます。
カルボ の部分をこの袋の中の白い粉で表現しているようです。

完成

このレシピなら辛いものが苦手な人でも
食べてもらえると思います。(それでもそこそこ辛いですが・・・)

クセになるおもうので、是非試してみてくださいね。

お仕事のご依頼もお受けしております♪


● コンサート企画・プロデュース
● コンサート出演
● 各種イベント企画・プロデュース
● イベント集客セミナー
● コンサートの印刷物制作 などなど

お気軽にお問い合わせください♪

質問募集中


内田奈津子への質問を受け付けています。
演奏活動のこと、コンサート企画のこと、ファンづくりのこと、起業のことなどはもちろん。
「横浜の美味しいイタリアンはどこですか?」というような質問でも大歓迎です♪

頂いた質問はブログ、メルマガなどのなかでお答えしていきます。

質問は匿名でOKです♪

ご質問頂いた方には情報満載のメルマガをお届けしております。

https://goo.gl/forms/oJ8zcFlt8mgNGdT92

食いしん坊ソプラノの会社


食いしん坊ソプラノ歌手内田奈津子が代表を務める会社です♪

株式会社ライズサーチ http://www.risesearch.co.jp/
演奏会のチラシ屋さん http://dtp.studio-estate.com/

演奏会のチラシのことなら演奏会のチラシ屋さんにお任せ下さい。


演奏会のチラシ屋さんのチラシの秘密はこちら♪

シェアする