音色の話

今読んでいる「音楽の科学」という本に音色の話が出てきます。

皆さん、同じ音を鳴らしたとしても、ピアノの音を聞けばピアノ、ヴァイオリンを聞けばヴァイオリンとわかるのは音色を聞き分けているからなわけですよ。

音色は科学的な研究がまだあまり進んでいないのだそうです。

で、ヴァイオリニストさんは何億円っていうヴァイオリンを持ったりしますが、それもより良い音色を求めているからなわけです。

音色の重要性にも触れられていて、

音色は感情に強い影響を与える

と書かれていました。

音色を作る要素は倍音です。

倍音は楽器によって特徴があり、倍音が複雑に増える事で音に深みが出てくるのだそうです。

ものすごくしっくりくる説明でした。

なんでこの人の声、たった一音でこんなに心をえぐられるような感動をするんだろう。と感じる事があります。

歌詞の内容でもなく、

メロデイでもなく、

良い声ってだけで感動して涙が出てくる事が本当にあるんです。

そういう経験をしているからか、

やっぱり私もそういう音色が出せたら良いなぁと思って歌を続けています。

きちんと歌っていても全然心に響かない歌もあります。

もちろん科学が全てではないのでしょうが、科学的に言えばおそらく倍音が足りないのだと思います。

ここからは私の考えですが、歌において倍音を左右するはポジションと支えだと思っています。

ポジションはこの間、発声の話でも少し出てきました。

支えというのは歌う時の呼吸をコントロールし、一定に保つための筋力だったりします。

この2つをうまいこと使って倍音を増やし、奥深い音色を作るわけだ。

先日のレッスンでポジションに頼りすぎて歌っていたら、師匠から音がつまらないというような趣旨のことを言われました。笑

録音で聞いてもわからないと思います。

倍音のほとんどは録音ではカットされてしまいます。

だからこそ生演奏に本当は価値がある。ただし良い音色ならという条件つき。

中途半端な音色は残念ながら録音の方が美しい場合すらあるわけで。。。

やっぱり内田の歌は生で聞かないとダメだよねって言われるように頑張ります♪

朝を学びではじめよう♪

火曜日~土曜日までさ朝8:30~YouTubeでライブ配信しています。
デザイン会社として起業15年の経験を活かして、ビジネスや起業に最低限必要なIT・デザイン・マーケティングの話題を中心に役立つ情報を火曜日~土曜日まで8:30~ライブ配信でお話をしています。気軽に聞けて、役に立つそんな朝のライブ配信を是非チェックしてください!



お仕事のご依頼もお受けしております♪

● デザインのご依頼
● 出張デザイン研修、IT活用サポート
● 各種イベント企画・プロデュース
● イベント集客セミナー
● コンサートの印刷物制作 などなど

お気軽にお問い合わせください♪

内田奈津子の会社


内田奈津子が代表を務める会社です♪

株式会社ライズサーチ http://www.risesearch.co.jp/
演奏会のチラシ屋さん http://dtp.studio-estate.com/

演奏会のチラシのことなら演奏会のチラシ屋さんにお任せ下さい。


演奏会のチラシ屋さんのチラシの秘密はこちら♪

関連記事