#持続化給付金 の混乱に関して思うこと

国が設けた、持続化給付金の申請者が
ざわついている事ご存知でしょうか?

持続化給付金は新型コロナの影響で
前年比50%売上が落ちた企業に支払われる給付金のです。

ニュースなどでも取り上げられていたので、
自分が該当でないけれど知っているという方は多いかもしれませんね。

で、この申請者が今荒れている。

というお話です。

5月22日時点の情報なので、改善することを望むばかりですが、
現状を少しお話させていただきます。

現状起きていること

まず、5月1日から申請が始まりました。

給付にあたっては2週間程度で給付、最速5月8日くらいから給付開始する
ということを安倍総理がおっしゃっていました。

そんな話を受けて、5月1日多くの申請がありました。

どうやら1日だけで18万件ほどの申請があったようです。

途中サーバがアクセスできなくなるということもありつつ、

多くの日が5月1日に申請を行ったわけです。

 

で、5月8日頃から振り込まれたという報告が

Twitterなどで上がるようになってきました。

5月8日始まり、続々と入金の報告が。

 

政府すごいじゃん、スピード感あるねー。

みたいな空気になっていたのですが・・・・

 

5月14日、15日くらいから状況が変わってきます。

 

入金を報告する人達の中に

5月7日、5月8日申請者など、
初期に申請した人たちじゃない人が多くないか?

あれ、私たち5月1日に申請したんだけど・・・??ん??何故??

 

みたいなことが起き始めたのですね。

 

で、本日で5月1日に申請した人は3週間が経過しているのですが、

やっと不備のメールが来たとか、
連絡がないし、入金されていないという人がまだ結構多くいる。

弊社も5月1日に申請しましたが、
不備の連絡も、入金もありません。

これが現状起きていることです。

何に怒っているか

で、この経営者さんたち(私含む)何に怒っているかというと

振り込まれないことではないのです。

(振り込まれないこともありますが・・・)

 

それよりも問題なのは

何の説明も報告もないことなのです。

 

皆さん、Twitterや問い合わせ窓口を通じて
何故、このような状況になっているか説明を求めているのですが、
一切、私たちには説明がありません。

 

本当に何の連絡もなく待たされている状態。

それに怒っています。

 

問い合わせをしても個別の審査状況はお答えできませんの一点張りだそうで

初期の申請者は目安となる2週間が過ぎ、

自分たちより後から申請した人が続々と入金があるのを見て

ものすごく不安になっているわけです。

 

支払いのサイクルが月末にはやってきます。
2週間で振り込まれれば
支払えると思っていたものが支払えるのか、支払えいないのか?

その瀬戸際。従業員の生活かかってる。自分も報酬もえらない。

来月の生活どうするの?

大家さん、取引先に報告して謝らなきゃいけないかも・・

と、いう状況の人いるはずです。

だって、売上が落ちている人は3月から落ちている。

落ちているどころかほぼ0という人もいるわけです。

ここをどう乗り切るか必死に考えているのに

なんの説明も、連絡もないわけです。

 

気長に待てない状況だから

5月1日に申請をしている人が多かったはずです。

2週間が目安なら、

月末までに間に合わせれば、

従業員の給料、取引先、税金、家賃

関わってくれている人に迷惑をかけなくて済むとおもって

頑張って申請した人たちだと思うのです。

 

だからこそ、一度2週間を目安と言ったなら

2週間過ぎる時点で個別じゃないにしても情報や状況を出すべきだと思うのです。

 

クレーム対応

今回の給付金の申請者は経営者です。

日頃、自分の事業の責任を持ち、

なにかあれば謝罪し、なにかあれば責任をとっている人たち。

さらに従業員の給与に責任を持ち仕事している人たちです。

 

そういう人たちからみたら

今回の対応は控え目に言って、最悪だと思います。

 

給付金を配るのは別に事業でも

サービスでもない

お金もらうんだから黙って待ってろ。

 

というスタンスなんだろうなとしか思えない対応なのですが、

もし、私がこの給付金の責任者だったら

すぐに状況を説明して謝罪します。

多くの経営者は間違いなくそうすると思います。

 

サービスを提供しているわけじゃないんだし

説明も、謝罪もいらない。

クレーム対応なんてする必要ないとも思っているのだと思います。

 

断じて違います。

 

クレーム対応はサービスの一環ではなく

マナーであり、コミュニケーションなんです。

 

これ!!大事!!

 

どんな状況であっても、どんな立場であっても必要なことです。

 

今、新型のコロナの影響を受けていますが

皆、闘っています。

 

国と国民とみんなが力を合わせて

戦っています。

だから、マナーとコミュケーションが大事 なんです。

 

上も下もない、

お金をあげる人が偉いとか貰う人が弱いとかもない。

(そもそも私たちの納税したものなわけだし・・・)

 

みんなが協力して頑張ろうっていうときに

中途半端な責任逃れでこのマナーとコミュニケーションをないがしろにしてはいけない。

 

と、いうのが私の考えていること。

振り込まれなことに怒ってるんじゃないってことですよ。

ましてやて、先に振り込まれて人にも怒っていないですし、

コールセンターの人たちにも怒ってないですし、

別に国民様だぞって偉そうにしたいわけでもないのよ。

 

コミュニケーションとって力合わせようよ。って話。

 

みんなで力を合わせて乗り切ろうとしているんだもの。

頑張ろうぜ。

お仕事のご依頼もお受けしております♪



● デザインのご依頼
● 出張デザイン研修、IT活用サポート
● 各種イベント企画・プロデュース
● イベント集客セミナー
● コンサートの印刷物制作 などなど

お気軽にお問い合わせください♪

内田奈津子の会社


内田奈津子が代表を務める会社です♪

株式会社ライズサーチ http://www.risesearch.co.jp/
演奏会のチラシ屋さん http://dtp.studio-estate.com/

演奏会のチラシのことなら演奏会のチラシ屋さんにお任せ下さい。


演奏会のチラシ屋さんのチラシの秘密はこちら♪

関連記事